シェアハウスのあれこれ

シェアハウスに住むときの防犯対策について

シェアハウスは知らない人達が一緒に住むので防犯が心配ですが、1人暮らしの場合よりも安全です。女性ならシェアハウスで数人で一緒に住むほうが、空き巣などから身を守れます。空き巣は女性の1人暮らしや、留守の時間を調べたうえで侵入するので、複数の住人が不規則に出入りするシェアハウスなら安心です。シェアハウスは防犯対策に最適です。

シェアハウスは複数の見知らぬ人々が出入りするので、防犯が気になる人は多いと思います。初めは友人や知人でもない数人でシェアして住むので、どのような人格で信用できるのかどうかもわかりませんが、同居する住人の方々は審査を受けて入居するので、それほど心配はいりません。あまりにも問題がありそうな人はシェアハウスに入居できないからです。

シェアハウスに住む女性の方々は、シェアする男性に対する防犯が心配になると思います。ですが言わばシェアする仲間なので、あまりおかしな人は入居できません。もし仮にシェア仲間の男性から危害を加えられたり加えられそうになったら、他のシェア仲間に相談したり駆け込むこともできます。女性の1人暮らしよりも、シェアハウスに住むケースが男性に対する防犯でも安心です。