シェアハウスのあれこれ

コンセプトシェアハウスを選べば楽しい暮らしが出来るかも

シェアハウスは家具・家電付きで初期費用なしシェアハウスは海外ではポピュラーな生活スタイルですが近年、日本でも注目されて関心が高まっています。シェアハウスのコンセプトは主に1軒の家(賃貸住宅)に知らない複数の人と共に暮らすスタイルです。一般的な間取りは各個人の部屋と入居者全員で共有するスペース(リビング、キッチン、浴室、トイレ等)があります。マンションやアパートのように敷金、礼金、保証人が不要で初期費用が抑えられ、家具・家電付きなので生活用品を揃える必要がなく身の回りの品だけですぐに生活をスタートさせる事が出来ます。   

コンセプトシェアハウスが人気共通のテーマを持った人が集まるシェアハウスをコンセプトシェアハウスと呼びます。例えば異文化交流を目的とした人が暮らすシェアハウスや同じ趣味を持った人だけが集まって暮らすシェアハウス、シングルマザーの子育てを支援するシェアハウス等が多種あります。コンセプトシェアハウスなら目的や共感する部分が同じ方向なので刺激にもなり楽しく暮らせそうです。コンセプトシェアハウスで暮らしてる方は20代~30代が主に利用しています。

シェアハウスのデメリットそれぞれコンセプトを決めてるシェアハウスがあります。コンセプトの内容によりますが年齢制限を設定しているシェアハウスでは20~35歳迄が入居対象です。中には40代迄OKのシェアハウスや年齢制限がないシェアハウスも存在します。1つ屋根の下で年齢層が幅広い者同士が住めば生活スタイルの違い等でトラブルが発生しやすくなる恐れがあります。また入居者の中に苦手な人や性格が合わない人等がいる可能性もあります。メリットもあればデメリットもあるので慎重に調べて検討すべきです。