シェアハウスのあれこれ

シェアハウスの共有スペースの使い方

一般にシェアハウスには、住民全員で共有するスペースがあります。リビングやキッチンなど、皆で使うためのスペースは、お互いに譲り合って使うことが大事です。そうして生活の中に他人の存在を自然に受け入れることで、より豊かなコミュニケーションを築けるようになります。他者と空間を共有しながらの生活は苦痛である、という人にはシェアハウスは向いていません。

シェアハウスによって、共有スペースの範囲には違いがあります。他人の干渉なく自由に使える、個人スペースがほぼなく、空間のほとんどが共有のものとして用意されているシェアハウスも存在します。学生寮のように、皆でワイワイ暮らしたい人には最適なハウスですが、プライバシーをある程度確保したいという人は、慎重に個人スペースを求めていく必要があります。

シェアハウスの共有スペースは、皆で使う場所であり、掃除もメンテナンスも皆で行うルールが定められていることが多いです。自分には使用する必要のないスペースだったとしても、ルールとして掃除などの役割分担がある場合には、それを守らなければなりません。また自分だけの空間のように振舞わず、家の中にある公共の場として、節度を守った行動をとることも大切です。