シェアハウスのあれこれ

もう孤立を感じない!作家専門のシェアハウス

少し変わったマイナーな職業に就いていると、なかなか周囲の理解を得られなかったり、あるいは地域のご近所づきあいでトラブルになりかねないということがあります。こんなケースにおすすめなのが、マイナー職同士で暮らしをともにするシェアハウス。漫画家や作家、フリーランスなど、クリエイター職の皆さんにおすすめの物件がたくさんあります。

たとえば作家さんだと、「あそこの人は、どうしていつも家にいるのかしら」等、ご近所から白い目で見られた辛い経験がある方も多いのではないでしょうか。一生懸命働いているのは他の人と変わらないのに、就業形態がちょっとマイナーなだけで生活がしにくくなるというのは悲しいです。ですが作家同士でチームを組んでシェアハウスをすれば、孤立感を感じることなく生活していくことができます。

現在ではシェアハウスの運営側にも様々な多様性が出てきており、作家専門(限定)のシェアハウスを募集しているところもかなり見つかります。「ここは作家やクリエイターが住んでいるところ」として周辺に理解もあるので、白い目で見られることもありません。全国各地、様々な場所での募集がありますので、これを機に作家として移住を考えてみるのも楽しいでしょう。