シェアハウスのあれこれ

シェアハウスの防犯は大丈夫?

シェアハウスで暮らす際、心配になるのが防犯ではないでしょうか。正直なところ、見ず知らずの人同士が同じ場所で共同生活を送る事になるシェアハウス。その為良い点もたくさんあるものの、やはり防犯面などで心配になってくるかと思います。しかしその答えは、一言で言えば一人暮らしをするよりも安全だと言えるのです。その理由を今回、お話させて頂きます。

まずは家全体を考えた防犯面ですが、シェアハウスの場合共同入り口の鍵は各自で持つ事になります。その為、鍵に対しての防犯面は普通の家と同じものとなります。しかしシェアハウスの場合、完全に留守になる事も少なく、また、常に誰かがいるのではないかということを周りに与える事が出来ます。その結果、泥棒からも敬遠される場所であるという事は間違いありません。

また個人の防犯面に対してもしっかりと考えられているシェアハウス。各自の個室には鍵が設置されていて、安心して留守にすることができます。とはいってもトイレやキッチンに行くだけでも鍵を閉めなければいけないと思うと面倒に思う事も少なくありません。そういった事から、シェアハウスでは通帳などを保管する場所として金庫が設置されている事が多く、貴重品に対しての防犯も万全で安心です。