シェアハウスのあれこれ

シェアハウスで電話をする時のマナーについて

色々な人とコミュニケーションが取れると最近人気の高いシェアハウス。ですが逆に一人になりづらいため人に聞かれたくない電話がしにくいというデメリットもあります。特にルームメイトがいる場合等はプライベートな電話はもちろん、仕事上の電話でも聞かれたくない場合でも聞こえてしまいそうで電話しにくいということも多いと思います。

基本的にシェアハウスで携帯・スマホなどで電話をする場合は内容を聞かれないためにも、ルームメイトの迷惑にならないためにも外に出て電話をするのが基本的なマナーになります。特に深夜や早朝の電話には注意が必要です。共用の固定電話を使用する場合も時間帯に配慮し、なるべく夜間や早朝には固定電話にはかかってくることがないように配慮する必要があります。また、共用の電話は電話料金や他の人の使用に配慮して一回の使用時間が長くならないようにする必要があります。

他の人と同じ場所で暮らしているからこその温かみを感じられるシェアハウス。それは大きなメリットですが、人と一緒に暮らす以上お互いが快適に暮らせるようにマナーを守りながら生活していくことが大切です。電話というのは現代人の生活に欠かせない便利なツールですが、プライバシーに関わる非常にデリケートなものでもあります。自分も他の人も心地よく暮らしくために、聞きたくないことを聞かないで済むように、聞かれたくないことを聞かれずに済むように、配慮しながら使いましょう。