シェアハウスのあれこれ

大浴場があるシェアハウスは温泉気分を味わわせてくれる

シェアハウスの魅力の一つはのびのびと過ごせる大浴場だと思います。都会で一人暮らしをしていると、お風呂が狭いなあと感じることがあります。どうしてもくつろげないという感覚があるのですが、シェアハウスだとそのような気持ちから解放されます。大きな浴場でその日の疲れをいやすことができるのです。また、大浴場は外国人の人にも人気で広々とした空間がくつろげるようです。

温泉は日本でも人気の旅行スポットですが、シェアハウスの大浴場は温泉のようなものだといえるかもしれません。温泉に行くと、おいしい食事が味わえて、広い浴場でのびのびとくつろげます。シェアハウスでもいろいろな人との食事が楽しめる上、大浴場でその日の汗を流せます。毎日旅行に行っているような気分を味わえるのが、シェアハウスの魅力なのかもしれません。

夏目漱石の「坊ちゃん」でも、主人公が広い温泉を楽しんでいる様子が描かれています。日本人にとって、温泉や銭湯は身近な存在であり、広い浴場には親しみを感じるのかもしれません。子どもの頃、家族や友達と旅行に行って大浴場を楽しんだ経験は誰でも一度はあると思います。シェアハウスの大浴場は、そのような慣れ親しんだ感覚を思い起こさせるものだといえます。