シェアハウスのあれこれ

プロジェクト型のシェアハウスにはどんなものがある?

プロジェクト型のシェアハウスには色々ありますが、最近注目されているのが空き家を活用したシェハウスです。日本では現在、至る所に空き家が増えています。地方だけの問題ではなく、都心部も同様です。住宅は住む人がいないとあっという間に老朽化してしまいます。そのまま放置しておくと災害時に倒壊する危険もありますし、小動物が棲みついて不衛生な状態になってしまうこともあります。

空き家問題は、社会問題としてメディアなどでも取り上げられるようになりました。その空き家を有効活用して地域の活性化に活かそうと考えられたのが、プロジェクト型シェアハウスになります。人口減少が進む地域で、シェアハウスを作ることで若い世代を呼び戻そうという取り組みです。空き家が減ることで住宅の倒壊の恐れもなくなり、治安も良くなるというメリットもあります。

プロジェクト型シェアハウスには、古民家を再生してシェアハウスにしたものもあります。古民家には独特の風情があり、今の住宅にはない魅力が感じられます。それから介護事業者が介在するシェハウスもあります。シェアハウスというと若者というイメージがありますが、人との繋がりやコミュニケーションを求めているのは若い世代だけではありません。高齢になってからも他人と暮らせる住処になります。