シェアハウスのあれこれ

シェアハウスによって異なる清掃の仕組み

シェアハウスは各部屋ごとに居住スペースが区切られており、自分用として与えられたスペースは自分で管理することが原則となります。しかし共有スペースなど自分だけが使うわけではない場所に関しての清掃は、各シェアハウスによってルールが異なることがあります。シェアハウスを選ぶ際にはこのような居住における細かいルールを確認しておくことも大切になります。

生活してる人の裁量によって決めることができるような自由度の高いシェアハウスでは、共有スペースに関しても日にちなどで分担し、各自で清掃を行なうところもあります。このようなシェアハウスでは自分の部屋だけでなく共有部分も清掃が必要になるため労力が必要になりますが、そのぶん料金が格安になるところも多く、費用を抑えながら生活することができる場合もあります。

各自での清掃以外にも管理会社や業者が共有部分の清掃を代行してくれるところもあり、このようなシェアハウスでは当番制で清掃を行なう必要もなくルールを守らない住居者に悩まされることもないので、ストレスの少ない環境で過ごすことができます。ただし共益費として料金に反映されることもあるので、シェアハウスによっては費用が割高になるところもあります。