シェアハウスのあれこれ

初期費用を抑えて一人暮らしを始めたいならシェアハウスがおすすめ

シェアハウスのメリットとしては他の住人との交流がある、1人暮らしよりも防犯面での安全性が高い、といったことが挙げられます。特に家賃については個室が少々狭くても、共用スペースがあるので、家賃以上のスペースを活用できます。シェアハウスの経済的なメリットは、家賃だけではありません。入居の際の初期費用が抑えられるのも、シェアハウスの大きな魅力となっています。

マンションやアパートの一室を借りるとなると、敷金、礼金、不動産業者への仲介手数料、さらに、場合によっては前家賃が必要となり、家賃の数カ月分の費用がかかります。シェアハウスでは、ひと月分の家賃を保証金として預けるのが一般的で、入居時の初期費用は、通常の賃貸契約よりも遥かに安くなっています。また、シェアハウスでは、電気やガス、インターネット回線などを個人で契約する必要がないので、費用だけではなく、時間も手間も省けるというメリットもあります。

シェアハウスでは、キッチンやお風呂、トイレなど、生活に必要なスペースは共用スペースとなり、家具や家電は備え付けとなっています。一人暮らしを始める場合は、冷蔵庫や洗濯機やキッチン用品などに、かなりの費用がかかりますが、シェアハウスではそういった生活に必要なものを個人で用意する必要がありません。シェアハウスでの個室は寝室にあたり、身の回りのものを持ち込んだらすぐに生活できるので、初期費用を節約することができます。